セルフホワイトニング新宿

歯の美白サロンWhitening meです♪初対面で相手に良い印象を与えるために大事なポイントは髪型と歯の綺麗さだと言われています。その二つに共通するのは清潔感の演出であり、相手へのマナーでもあります。今回は歯のマニキュアについてのコラムです。

歯のマニキュアをご存じでしょうか。爪と同じように歯にもマニキュアをすることができます。

歯のマニキュアってどんなモノ?

歯のマニキュア歯のマニキュアはホワイトニングの一種で、爪のマニキュアやペディキュアと同じように歯の上を白くコーティングするものです。一日以内に効果がなくなるマニキュアと、効果が数年続くパーマネントマニキュアがあります。

歯のマニキュアのしくみ

手のマニキュアとは違って歯のマニキュアには、アクリルやニトロセルロースなどを有機溶剤に溶かした薬剤は使わず、人体に無害な樹脂を使います。ジェル状の薬剤を塗った後に時間を置くと固まり、白い膜が歯を覆い白く見せることができます。

また、マニキュアの色味にはタイプがあり、歯をより白く見せるものや、歯に光沢をつけるタイプのものがあります。

パーマネントマニキュアとは

普通のマニキュアが約24時間続くのに対して、パーマネントマニキュアは特殊な樹脂を使って固めるため、効果が2年以上続きます。

2年以上効果を持続させるために厚めのマニキュアを使いますので歯の見た目が少し厚くなってしまいます。また、元の歯の色が全く見えなくなるため、光沢が無くべったりとした白さになることがあります。

 歯のマニキュアのメリット・デメリット

ドラッグストアや歯科医院で購入することができる歯のマニキュア。どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリット

  • すぐに歯を白くすることができる。
  • 高価ではない
  • 歯医者さんのホワイトニングでは白くならない歯も白くできる
  • イベント前など一時的に歯を白くしたい時に便利
  • 歯を削らないため歯にダメージがない

 デメリット

  • 均等な厚さに塗ることが難しい
  • 歯並びが良くないと映えない
  • 透明感のない真っ白の色になり不自然
  • 樹脂を塗るため歯に厚みが出てしまう
  • エナメル質より着色しやすいためクリーニングの手間がかかる

このように、歯のマニキュアは一時的に白くしたい場合・歯が厚くなることが気にならない場合に有効な手段です。結婚式などのイベントで利用する場合は、事前に一度試してみると良いでしょう。ホワイトニングに比べ効果が持続することはないため、常日頃の歯の黄ばみを落としたい場合には使えません

歯のマニキュアは確かに歯が白く見える!けど敷居も高い!

歯のマニキュアは即効性のあるホワイトニングで、歯の上から白い薬剤を塗った状態を維持するホワイトニングなので物理的に歯は白くなります。ただし、ムラになりやすいためどうしても自分で行うのは難しい面があります。

審美歯科でも歯のマニキュアをしてくれるところもあります。(数日間維持できるマニキュアは1本あたり1,500円程度、パーマネントマニキュアは1本10,000円程度が相場です。)もし自分でマニキュアをすることに抵抗があるのであれば審美歯科に行ってみるのも一つの手でしょう。

本来の歯の白さは毎日の歯磨きから

歯のマニキュアは緊急手段としては使える場合もあります。ですが、歯の本来の白さを維持・取り戻すためにはホワイトニングを行ったり毎日の歯磨きを見直して頂いたりするしかありません。

歯を白くしたいのであれば、まずは歯の健康を維持することが大切です。歳を重ねるごとに、健康な歯は白いという傾向が強くなります。正しい歯磨きをしっかりと行って明るく白い歯を維持するように努めましょう。