セルフホワイトニング新宿

ホワイトニングが痛いというイメージを持っていらっしゃる方は少なくありません。それもそのはず。従来から行われているホワイトニングでは口の中が痛いという感覚を持たれても仕方がないような成分を使っているお店もあります。

ホワイトニング店は、店によって利用している溶液は同じではありません。ホワイトニング溶液の中に含まれている成分が違うため、痛いと感じる方が多い溶液とそうでない溶液が存在します。

痛いというリスクと引き換えに、白くなるとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、ホワイトニング剤はお客様の歯に合ったものを使うのが一番効率的です。もちろん痛いからといって白くなるということはありません。

痛い!ホワイトニングで使っている溶液とは

ホワイトニング店の溶液には主に2種類があり、一つは過酸化水素を使っているお店で、もう一つは酸化チタンを使っているお店です。

過酸化水素はオキシドールの原料になっているもので、主に歯医者さんで行うオフィスホワイトニングや、歯科医の指導の元行うホームホワイトニングでは過酸化水素を使っているお店が多いです。歯が白い女性

過酸化水素は衣料用の漂白剤や、髪の脱色剤としても利用されています。少し染みたり、痛いと感じるのは強めの成分が含まれているからなのですね。元々ホワイトニングが生まれた経緯も、歯肉炎や歯周病の治療に過酸化水素を使っていたところ、歯肉炎が健康になると同時に歯にホワイトニング効果が出たことがきっかけでした。

どうして痛い・しみる症状が出る?

過酸化水素は濃度が6パーセントを超えると劇物及び毒物取締法により、劇物に指定されるほどの薬剤です。(過酸化水素はオキシドールの原料です。)

これを、歯医者さんのホワイトニングでは約35パーセント程度のものを使用しています。この強力な薬剤が歯に浸透することにより漂白効果があるのですが歯自体には知覚過敏の症状が出てしまいます。

従来のホワイトニングは結構痛い?

従来のホワイトニングでは、この過酸化水素水といった劇薬を使っているお店がほとんどです。女性になじみのあるものですと、パーマ液や髪のカラーリング剤などに10%弱入っている薬剤です。

なので、ホワイトニングをしている最中やホワイトニングが終わった後に痛いと感じる刺激があったり染みたりすることもあって、知覚過敏のような症状が出る方も多いのです。

痛みと引き換えに白さを手に入れるホワイトニング

痛いホワイトニングでも、白くなればいいや!とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。ですが、痛いホワイトニングが苦手だというお客様・歯の健康にも気をつけたいというお客様のためにあるホワイトニングが、ホワイトニングミーのホワイトニングです。

ホワイトニングミーに来て頂けるお客様にお伝えして驚かれるのですが、実は従来のホワイトニングは虫歯や差し歯やインプラントなどがある方には使えません。汚れた歯の表面に強い薬剤を塗り、その作用で白くするという理屈だからです。その薬剤は陶器やプラスチックで作られた歯に対してはダメージがかかる可能性があります。

もちろん虫歯に塗るとものすごく痛いです。なので、従来のホワイトニングは痛いのを防ぐために歯茎に保護剤を塗るのが一般的ですね。歯茎がただれてしまうことがあるためです。

ホワイトニングミーのホワイトニングは、ペンキで塗ったような人工的な白さではなく、自然な形で歯の黄ばみを薄くしたい方・健康で白い歯を痛みの無いホワイトニングで体感したい方向けのホワイトニングになっています。セルフホワイトニングの説明・効果をしっかり理解された上で比較していただくと幸いです。