セルフホワイトニング新宿

喫煙者のホワイトニング

歯のホワイトニング専門店Whitening meです。最近では喫煙者の方から「喫煙してても白くなるの?」とのお問い合わせが多いです。

Whitening meのホワイトニングはタバコの黄ばみには高い効果が期待できます。特に一日に10本以上タバコを吸う喫煙者の方は、頑固なシミ汚れが歯に着いていることが多く、タバコを吸わない方よりもホワイトニング効果が高いです。

喫煙者の方はホワイトニング効果がわかりやすい

多くの方は自分の歯を見慣れているので、「自分の歯が白いか白くないか」の判断がご自身の主観によりがちです。歴の長い喫煙者の場合は、「自分の歯はそれほど汚れていないのではないか」と思っていてもかなりの汚れがついていることがほとんどです。

喫煙で着色する原理

歯に黄ばみが着く原理は、白いシャツにカレーをこぼしてしまった時にシミになる原理と同じです。単純に色の濃いものを口にすることで着色が濃くなってしまいます。(カテキンやポリフェノールの作用によってさらに沈着が濃くなることもあります。)

タバコの煙は強力な黄ばみを歯に残してしまうため、ヤニ以外でも歯が汚れてしまうのです。

喫煙による黄ばみを歯磨きだけで落とすのは至難の業

喫煙による黄ばみは、カレー・赤ワイン・コーヒーによる黄ばみよりも濃く残ると考えられており、歯磨きだけで黄ばみを落とすのは極めて難しいといえます。タバコを1本吸うごとに歯を磨くなら別ですが、それは非現実的ですね。

また、歯磨き粉には色々な種類のものがありますが、歯磨き粉を選ぶ時にはホワイトニング効果ではなくエナメル質を傷つけないタイプのものを選ぶと良いでしょう。

喫煙者に効果が出やすいホワイトニングとは

ホワイトニングには種類があって、喫煙による黄ばみが落ちやすいホワイトニングがあることをご存じでしょうか。

喫煙の黄ばみを落とすホワイトニング

ホワイトニングには大きく分けて2種類あり、「歯を少し溶かしながら漂白するホワイトニング」と「歯の表面の汚れを分解するホワイトニング」に分けられます。

漂白をするホワイトニングは痛みを伴うことが多く、一定期間知覚過敏の症状が出ることがありますが、芸能人のような真っ白な歯を目指すことができます。一方Whitening meでご提供している汚れを分解するホワイトニングは、歯を傷めたくない方や自然な白さを目指したい方に適しています。

喫煙をする方は、漂白をしなくても汚れを分解するだけで十分に白さを実感して頂けるといえます。喫煙による黄ばみを気にされてご来店された方には、ほぼ100%の方にご満足頂いております。

もちろんホワイトニング後のケアも大切に

ホワイトニングは、普段のホワイトニング習慣で色持ちが変わります。もちろん喫煙を止めれば歯が白く維持できる期間は長くなります。しかし「喫煙を止めてください」と口で言うのは簡単ですが、ホワイトニングスタッフのアドバイスとしては陳腐にも聞こえますよね。

ホワイトニングで白くなる程度には個人差がありますが、実は、ホワイトニングで一番個人差があるのが「どのぐらいの期間白い歯を維持できるのか」ということです。白い歯を維持するには厳しい食事制限などのストイックなルールを守る必要はなく、正しい知識と簡単な習慣をつければいいのです。

ホワイトニングを検討している喫煙者の方へまとめ

喫煙の習慣がある場合、タバコを吸わない方に比べてよりホワイトニングの効果を実感しやすいので、一度ホワイトニングを試して頂くことをおすすめします。Whitening meのホワイトニングは、抗菌・殺菌効果もあるため歯周病の抑制にもつながります。(歯の健康維持のために通って頂いている方も多くいます。)費用対効果の高いホワイトニングをするためには正しくホワイトニング料金を比較する方法安いホワイトニングの探し方をおさらいすると、効率的に歯を白くすることができます。「タバコ吸ってるから歯を白くなんて無理…」と言わずに今日から白い歯を目指してみませんか。