セルフホワイトニング新宿

ホワイトニング専門店Whitening meです。ホワイトニングって本当に白くなるの?どうすれば白くなったといえるの?そんなホワイトニングの疑問にお答えします。効率的に歯を白くする方法、教えます。

ホワイトニング店では、施術前と施術後の歯の色味を確認することで効果を測ります。ですが、初回のご来店時にはホワイトニングで歯が白くなりやすい人・なりにくい人を判断することもできます。

セルフホワイトニング機器販売・卸販売【自宅/業務用】

最短距離で歯を白くするための作戦

効率的にホワイトニングホワイトニングに向いているかどうかを判断することで、効率的にホワイトニングに通うプランを考えることができるため、無駄な出費を抑えることにもつながります。

ホワイトニング溶液に適正があれば、反応が出ます

ホワイトニングの溶液に適正があれば、光を当てた後にムラやスジのような反応が出てきます。これは薬剤に塗りムラがあった訳ではありません。逆に適正がある証拠です。このムラ・スジは施術が終わった後1~2時間経つと、唾液が口の中のphバランスを整えることによって消えていきますので、ずっとムラが残り続けることはありませんのでご安心ください。

この適正反応があれば、当サロンのホワイトニング溶液でホワイトニングすることが効率的だといえます。ホワイトニングの溶液は全てのホワイトニングサロンで同じものを使っているわけではありません。溶液に適正があるサロンに通い続けることが一番お財布にも優しく歯を白くすることができます

 ホワイトニング料金は、照射時間あたりの金額で考えましょう

ホワイトニング未経験者の方が意外と陥りがちなポイントなのですが、ホワイトニングの効果はLED光の照射時間に比例して効果が出ます。20分照射5,000円のお店と10分照射3,000円のお店を比べると、20分照射5,000円のお店の方に通う方が安いです。ホワイトニングはたった20分の照射でパッとわかるほど歯が白くなる方は多くありません。誤解を恐れずに言いますが、通算50分・100分と照射時間を増やすことによって本来の歯の白さが蘇ってくるのです。

照射時間が短くても、白くなる方はいます。ですが、たった20分の照射で劇的に白くなるというような表現が適切だとは思えません。つまり、1回の来店で白さを実感できるホワイトニングサロンは少ないということです。何回も通うことを前提としたサロンがいかに多いかがわかります。料金を照射時間で割り算することで、本当のホワイトニングの価格がわかるのです。(中には照射時間を料金表に掲示していない場合もありますので要注意)