セルフホワイトニング新宿

beauty smile溶液以前藤岡ブログにて【玄米ともち麦の違い】についてご紹介させていただきましたが、
玄米やもち麦は奥が深いため、
本日も続編を書かせていただきます(*^^*)♪

どちらも白米と比べると圧倒的に体にいいと言われていますよね(^^)

どちらの方がダイエットに向いているのか?

そしてみなさんはどんな視点で選んでいますか?

 

玄米には様々な栄養が含まれており、
主にビタミンB1、ビタミンE、カリウム、タンパク質、食物繊維が豊富です♪

それ以外にも・・・
体内の解毒作用、便秘の解消、美肌効果だったり、
食べた時に血糖値の急上昇を抑えて、満足感を与えてくれるため、
満腹中枢を刺激してくれるので暴食を防いでくれます!

女性にはうれしい効能がたくさんありますね♪

とくに便秘で悩んでいる女性は多いかと思います(泣)

便秘になる原因は色々ありますが主なものは、
「食物繊維の不足」「腹筋力の低下」「運動不足」など。

しかし以前ご紹介したとおり、
玄米やもち麦は白米よりも食物繊維の量が多いため、
玄米と白米6︰4で食べている私は最近、便秘とは無縁になりました\(^o^)/

そしてまだまだダイエット中ですが・・・笑
下腹部も以前より引っ込んだ気がして、
これが玄米のおかげなのかはハッキリお伝えできないですが、
ぜひ試していただきたいところです♪

そこでもち麦には食物繊維は水溶性と不溶性の2種類があり、
違いは水に溶けるか溶けないかということ・・・

水溶性食物繊維とは、
ダイエットに効果的で糖質や脂質の吸収を抑え、体外に排出する働きがあり、
体脂肪の蓄積を防いでくれる役割をしてくれる。
もち麦は、水溶性食物繊維:不溶性食物繊維=6:4で含まれていて、
このバランスは便秘改善にもベストバランス。

たとえば、水溶性をとらずに不溶性の食物繊維ばかりに摂っていると、
逆に便秘を促進させてしまいます・・・

食物繊維を食べると便秘が改善すると言われていますが、
食べ方を間違えてしまうと、逆効果になってしまいますので注意が必要!

 

もち麦は玄米よりも値段が安く、
また食物繊維が玄米よりも豊富なので、よりダイエット効果を感じられます(*^^*)

栄養価の面でいえば玄米の方が優れています!

ですので、自分が何を目的として食べるのに合わせて、
玄米かもち麦かを選ばれるのがいいですね\(^o^)/

最近ではコンビニでもち麦を使用したおにぎりも販売していますので、気になる方は手にとって一度は試すことをオススメします♪