セルフホワイトニング新宿

ホワイトニングサロンWhitening meです♪ホワイトニングとクリーニングには違いがあります。クリーニングは基本的には虫歯や歯周病を抑制するために行うもので、ホワイトニングは歯を白くするために行うものです。ホワイトニングとクリーニングの違いを理解して明るくて健康な歯を目指しましょう!

ホワイトニングとクリーニングは歯の汚れを取り除く方法として似たものと思われている方が多いです。ホワイトニングとクリーニングの目的の違いを理解して適切に利用しましょう。

クリーニングの目的や特徴

虫歯はホワイトニング?クリーニング?クリーニングは、歯の表面についている歯垢(プラーク)や歯石を取ることによって虫歯や歯周病を抑制するために行うものです。クリーニングでは超音波スケーラーもしくは手動のハンドスケーラーを使って歯石を落としていきます。歯についた歯垢(プラーク)を除去することはできますので、元の歯がかなり汚れている場合(何日も歯磨きをしていない状態)は表面の歯垢が取れて歯が白く見えるようになりますが、歯そのものの色味を変えることはできません。簡単なクリーニングの場合は一回で終わりますが、通常は複数回に分けてやることが多いです。

超音波スケーラーを使う場合は、歯科衛生士さんにも手間がかからずに楽に歯石を取ることができますが、同時に歯の表面を傷つけてしまう可能性があります。ハンドスケーラーの場合は手間がかかりますが歯を傷つけることが少なく歯石を取り除いてもらえます。担当する歯科衛生士さんが使いやすい方を使っている歯科医院も多いようですが、ハンドスケーラーを使う方が歯の健康を維持したまま取れるようです。

定期的にクリーニングで歯石を取れば歯周病抑制!は間違い?

「定期的にクリーニングに通って歯周病抑制をしています」「クリーニングで歯石を取って歯周病対策をしています」という方がいらっしゃいますが、クリーニングに通っていれば歯周病対策になると考えるのは危険です。

歯石は歯垢が唾液や血液に含まれるカルシウムによって石灰化して硬くなったものです。つまり歯石の元になっているのは歯垢が歯に着いてしまっている状態で過ごしていることが多いということです。歯石が頻繁にできる場合、歯石を取れば良いと考えるのではなく毎日の歯磨きを見直すことが重要です。そのためには使っている歯ブラシは適正なものであるかどうか(大きさ・硬さ)・正しい歯磨きができているかどうか・フロスなどを使って歯の間もしっかり磨けているかどうかをチェックして、毎日のケアを充実させましょう。

ホワイトニングの目的や特徴

ホワイトニングはその名の通り、歯を白くするために行うものです。歯のクリーニングでは落としきれない着色を、薬品を歯に塗布して特殊な光を当てることで歯を白くしていきます。ホワイトニングには過酸化水素使用のもの・酸化チタン使用のもの・ホームホワイトニングの三種類があります。

それぞれのホワイトニングの特徴

歯医者さんの多くで行われている過酸化水素を使用したホワイトニングは、歯を少し溶かして漂白する成分が含まれています。歯にある程度のダメージがかかるため、施術が終わった後にしみて知覚過敏になったり、歯の表面に本来あるべき膜が溶けていることによって48時間程度の食事制限があります。

過酸化水素使用のホワイトニングのダメージが軽視できないと考えている歯医者さんも少なくありません。酸化チタンを使ったホワイトニング歯を溶かさずダメージがないので、歯医者さんの一部でも行われています。(Whitening meのホワイトニングも酸化チタンを主成分にしたホワイトニングを行っています。)このホワイトニングの場合は歯の表面の膜が溶けないためしみ・痛み・食事制限はありません。

ホームホワイトニングは歯科医院が販売している自宅でホワイトニングを行うキットです。相談料・マウスピース作成料・自宅で使う薬剤の値段がかかります。上記二つのホワイトニングに比べて非常に効果が実感できにくく、白くなるまでに時間がかかります。薬剤は過酸化水素を使っているため知覚過敏になる方もいらっしゃいます。数ヶ月の間食事制限をしなくてはいけないので、続かない方もいらっしゃいますが歯医者さんのホワイトニングに比べて色戻りは遅いようです。

歯の状態にあった処置を選びましょう

このようにホワイトニングやクリーニングには適切な用途があります。歯をなるべく傷つけないためにも、大事なイベントの前にきっちり歯を白くしたい場合は、なるべくゆとりを持って計画を立てることをおすすめします。

歯・歯ぐきの健康維持や歯周病抑制、ホワイトニングの白さを長くキープするためにも毎日のブラッシングが何より大切であることをお忘れなく!

料金はこちらtop施術手順バナーtopよくあるご質問top